おすすめのアメックスカードをステータスやマイル等の目的別に徹底比較!

アメックスのカードにはたくさんの種類があります。

それぞれに個性があり、特典内容も違いますので、どれを選べばいいのか悩みどころだと思います(^^;

今回の記事ではそんなアメックスの券種についておすすめを紹介していきます。

自分にはどのカードが合っているのか?今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

おすすめのアメックスカードを徹底比較!

では実際におすすめのアメックスカードを比較していきます。

目的別に分類しますので、どういった目的でカードを作るかによって選んでみるといいでしょう。

※クリックで各カード解説に飛びます。

 

【ステータス重視】

 

【マイル重視】

 

【特典重視】

 

アメックスグリーン

年会費 12,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1ポイント
海外旅行保険 5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 5,000万円(利用付帯)
オススメ度

年会費と特典のバランスが良く、愛用される方も多いステータスカードです。

グリーンの券面がシブく、あえてゴールドカードにしない人もいるとか。

ゴールドカードとの違いは特典の数や旅行保険など。

当然ゴールドカードの方が特典の数は多く、旅行保険の内容も優れていますが、グリーンカードでも十分な内容です。

旅行保険は利用付帯ですが、海外・国内ともに5,000万円の補償が付きます。家族特約が付くのも大きなメリットです。

年会費と特典のバランスの優れており、ステータスカードとしておすすめしたい1枚です。

>>アメックスグリーンカード公式サイト

 

アメックスゴールド

年会費 29,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1ポイント
海外旅行保険 1億円(自動付帯)
国内旅行保険 5,000万円(利用付帯)
オススメ度

グリーンカードよりも充実した内容となっているのがアメックスゴールドカードです。

  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 急なキャンセルを補償してくれるキャンセルプロテクション
  • ゴルフ優待やレストラン優待ほか充実の特典内容

などなど、グリーンカードにさらにプラスした内容となっています。

また、見た目でもわかるゴールドカードとしてのステータスも加わっています。

  • アメックスブランドとしてのステータス
  • ゴールドカードとしてのステータス
  • 充実の特典内容

などが一体となったおすすめの1枚です。

 

ANAアメックス

年会費 7,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1ポイント
海外旅行保険 3,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 2,000万円(利用付帯)
オススメ度

ANAを利用する方におすすめしたいのがANAアメックスカードです。

100円のカード利用で1ポイントが貯まり、貯まったポイントは1ポイント=1マイルとして交換ができます。

また、ANAグループでのカード利用はポイント1.5倍になったり、ANAグループ便でフライトボーナス10%がもらえたりなど、ANAを利用する方なら持っておきたいカードです。

注意点として、ポイントをマイルに移行する際は年会費6,000円(税抜)が別途かかるということ。

ポイント移行以外時以外は年会費はかからないので、ポイントをマイルに移行する時だけ、この移行サービスを利用するといいでしょう。

 

ANAアメックスゴールド

年会費 31,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1ポイント
海外旅行保険 最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険 5,000万円(利用付帯)
オススメ度

ANAアメックスカードよりもさらに充実した内容なのがANAアメックスゴールドカードです。

年会費は31,000円(税抜)とそれなりにかかりますが、それに見合った特典が受けられます。

  • 入会で2,000マイルのボーナス
  • 毎年継続時に5,000マイルのボーナス
  • ANAグループでのポイントが2倍
  • ANAグループ便なら通常フライトマイルに加えて25%のボーナスマイル
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 5,000万円の国内旅行保険

など、より充実した特典内容となっています。

ANAアメックスプラチナカードという上位カードもありますので、将来的にプラチナカードを目指す人は持っておくべきカードですね。

ANAユーザーにおすすめの1枚です。

 

デルタアメックス

年会費 12,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1ポイント
海外旅行保険 5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 5,000万円(利用付帯)
オススメ度

デルタ航空を利用する方におすすめの1枚です。

  • 入会で2,000マイルのボーナス
  • 毎年のカード継続で2,000マイルのボーナス
  • デルタ航空の上級会員資格「シルバーメダリオン」の特典が受けられる

などの特典が受けられます。

 

デルタアメックスゴールド

年会費 26,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1マイル
海外旅行保険 最高1億円(自動付帯)
国内旅行保険 5,000万円(利用付帯)
オススメ度

デルタアメックスの上位カードがデルタゴールドアメックスカードです。

ゴールドカードということで、より特典内容も充実しています。

  • 海外なら通常の1.25倍のマイルが貯まる
  • 入会で8,000マイルのボーナスマイル
  • 毎年のカード継続で3,000マイル
  • 年間100万円のカード利用ごとに5,000マイルのボーナスマイル
  • 上級会員資格「ゴールドメダリオン」の特典が受けられる
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 5,000万円の国内旅行保険

などなど、ノーマルのデルタアメックスよりもさらに充実した内容となっています。

デルタ航空を利用する方におすすめの1枚です。

 

スカイトラベラー

年会費 10,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1ポイント
海外旅行保険 2,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 2,000万円(利用付帯)
オススメ度

通常のカード利用では100円で1ポイントですが、対象となる航空会社や旅行商品での利用は、ポイント3倍の100円で3ポイントとなります。

ポイント3倍になるのは年間200万円までのカード利用となっていますが、対象の航空会社や旅行商品を利用する方にはおすすめです。

また、入会や毎年のカード継続で5,000ポイントがもらえるのも嬉しい特典です。

他にも航空機遅延保証が受けられたりなど、飛行機を利用する方に便利な特典内容となっています。

 

スカイトラベラープレミア

年会費 35,000円(税抜)
ポイント還元率 100円で1ポイント
海外旅行保険 5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 5,000万円(利用付帯)
オススメ度

スカイトラベラーの上位カードがスカイトラベラープレミアカードです。

こちらも基本は100円につき1ポイントですが、スカイトラベラーの上位カードということで、対象となる航空会社や旅行商品での利用は、ポイント5倍の100円で5ポイントとなります。

年間200万円までという上限はスカイトラベラーカードと一緒の条件ですが、それでもポイント5倍は大きな魅力と言っていいでしょう。

入会やカード継続時にもらえる5,000ポイントのbのーなすポイントも魅力の1つです。

 

ペルソナSTACIAアメックス

年会費 14,000円(税抜)
ポイント還元率 200円で2ポイント
海外旅行保険 5,000万円(利用付帯)
国内旅行保険 5,000万円(利用付帯)
オススメ度

阪急阪神グループを利用する人にはぜひ持ってほしい1枚です。

おすすめできるカードユーザーはかなり限定されますが、普段から阪急阪神グループを利用する人には充実の特典内容となっています。

  • 阪急百貨店、阪神百貨店でポイント10%
  • 阪急阪神グループ施設でポイント最大3%

などの特典内容です。

これらの店舗を普段から利用している方なら年会費の元は簡単に取れてしまうことでしょう。

 

個人的におすすめなアメックスカードならコレ!

これまで各アメックスのカードについて紹介してきました。

それぞれに特徴や特典があり、やはり選びきれない部分があるかと思います。

ということで最後に個人的なおすすめのアメックスカードをいくつかピックアップして紹介します。

カード選びの参考にしてみてください。

 

ステータスで選ぶならアメックスグリーンかアメックスゴールド

ステータスで選ぶならアメックスグリーンかアメックスゴールドを選んでおけば間違いないでしょう。

 

【アメックスグリーン】

  • 落ち着いたデザインでステータスがある
  • 年会費の割に特典が充実
  • 著名人も愛用するカード

入会特典付きアメックスグリーンカード

 

【アメックスゴールド】

  • ゴールドの券面なので一目でステータスがわかる
  • 充実の特典内容
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 5,000万円の国内旅行保険

 

マイルで選ぶならANAアメックスゴールド

マイルで選ぶならANAアメックスゴールドをおすすめします。

【ANAアメックスゴールド】

  • とにかくマイルが貯まる
  • ANAグループでポイント2倍
  • ANAグループ便で25%のボーナスマイルが加算
  • 入会時や毎年の継続時にボーナスマイルがもらえる
  • 最高1億円の海外旅行保険
  • 5,000万円の国内旅行保険

 

セゾンアメックスとアメックスの違いについて

ここまでアメックスの各カードについて紹介してきましたが、ここまで紹介してきたカードはアメックスのプロパーカードです。

アメックスにはセゾンのアメックスもあるのはご存知でしょうか?

実はセゾンのアメックスとプロパーのアメックスは全くの別物です。

  • セゾンのアメックス…セゾンが発行
  • プロパーのアメックス…アメックスが発行

セゾンのアメックスはあくまでセゾンが発行しているカードです。なのでステータスは当然プロパーのアメックスには劣ります。

ただ、セゾンのアメックスではセゾンのサービスが受けられますし、手ごろな年会費で持てるのも魅力と言えます。

ここでは各セゾンアメックスについても簡単に紹介したいと思います。

 

会社員でも持てるセゾンプラチナビジネスアメックス

ビジネスカードですが会社員でも持てるプラチナカードです。

  • 年会費20,000円(税抜)で持てる
  • 年間200万円のカード利用があれば次年度の年会費は10,000円(税抜)
  • プラチナカードとしてのステータス
  • 24時間365日対応のコンシェルジュサービス
  • プライオリティパスが無料発行可能

セゾンプラチナビジネスアメックスは年会費2万円で持てるプラチナカードです。

ビジネスカードとしても発行しやすいので、個人事業主になりたての人とかが申し込むケースも多いみたいですね。

 

セゾンゴールドアメックス

セゾンゴールドアメックスは年会費と特典のバランスが取れたカードと言えるでしょう。

  • 年会費は10,000円(税抜)
  • 家族カードは年会費1,0000円(税抜)で4枚まで発行可能
  • 別途年会費10,000円(税抜)を払えばプライオリティパスが発行可能
  • 最高5,000万円の海外・国内旅行保険
  • ETCカードが無料発行可能

他にもいろんな特典が用意されています。

ゴールドカードと特典のバランスがよく、年会費も10,000円(税抜)とそこまで高くありません。

手ごろな年会費でゴールドカードのステータスを手に入れてい方におすすめのカードです。

 

セゾンブルーアメックス

セゾンブルーアメックスは年会費を抑えて保険が付帯するカードです。

  • 年会費は初年度無料、2年目以降は3,000円(税抜)
  • 家族カードは年会費1,000円(税抜)で4枚まで発行可能
  • 最高3,000万円の海外・国内旅行保険
  • 年間100万円のショッピング保険
  • ETCカードが無料発行可能

海外旅行保険が自動付帯なので、手ごろな年会費で旅行保険の付いたカードをお探しの方におすすめです。

ただ、年会費無料のカードとゴールドカードの中間的な位置なので、カード的にはちょっと微妙かなと思います。

 

セゾンパールアメックス

セゾンパールアメックスは年会費が実質無料のカードです。

  • 年会費は初年度無料
  • 年1回のカード利用があれば2年目以降も年会費は無料
  • 家族カードは4枚まで無料で発行可能
  • ETCカードが無料発行可能
  • 旅行保険は付帯しない

年会費は実質無料なんですが、旅行保険が付かなかったり、特典もそこまででもないので、ちょっと微妙なカードかもしれませんね。

年会費が完全無料で旅行保険が自動付帯のカードも探せばいくらでもありますし、特典が充実した無料のカードもたくさんあります。

以前はコストコでアメックスの利用価値がありました。(以前のコストコはアメックスしかカード払いに対応していなかった)

年会費が実質無料のセゾンパールアメックスをコストコで使っていた人もいると思いますが、現在のコストコはマスターカードが使えるようになったので、セゾンパールアメックスの利用価値もなくなったかなと思います。