アメックスゴールドカードは高い年会費にこそ価値あり!

アメックスゴールドカードでは、年会費は29,000円(税抜)に設定されています。

単純にお高めのカードとも言えますが、会費に見合うだけ、あるいはそれ以上の価値を持つハイコストパフォーマンスのカードです。

 

アメックスゴールドカードの年会費は一般的なゴールドカードより高めだが…

国内系のカード会社によるゴールドカードでは、年会費は1万円程度が主流です。

アメックスゴールドカードではこの3倍近い会費です。申込制のプラチナカードをも上回っています。

  カード名 年会費
アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード 29,000円
セゾンゴールド・アメリカン・エキスプレス・カード 10,000円
三井住友VISAゴールドカード 10,000円
JCBゴールドカード 10,000円
楽天プレミアムカード 10,000円

※税抜価格

しかし、いわゆるゴールドカード各種とはサービス内容がまったく異なっているため、いわば別物として考えると良いでしょう。

アメックスゴールドカードは日本で初めて発行されたゴールドカードでもあります。むしろ本流はアメックスゴールドだという考え方もできます。

 

アメックスゴールドカードは家族会員カード一枚が無料

家族会員カードは年会費12,000円ですが、1名までは無料。

したがって例えば夫婦で合計29,000円、1名あたり換算では14,500円の負担ともできます。

国内系のゴールドカードでは家族カード年会費は1,000円程度が多いです。

アメックスゴールドは2名であれば絶対的な年会費も高くないカードです。

しかし、3名以上ではやはりある程度高いカードとなり、なおかつそれだけの価値を持ちます。

 

アメックスゴールドカードは世界の空港ラウンジが使える

一般的なゴールドカードは、「国内」の主要空港でラウンジが使えます。

あるいはそのサービスがあるカードがゴールドレベルとも言えるでしょう。

一方、アメックスゴールドでは国内主要空港及びホノルル・仁川のラウンジが使えるのに加えて、プライオリティパスの無料発行で世界900以上の空港ラウンジが使えるのです。

しかも家族カード会員も個別にプライオリティパスを無料発行できます。

国内系のいわゆるゴールドカードでは、プライオリティパスのサービスは何ら付帯しないのが普通。

それ以上のプレミアムカードでパスが付帯しても「家族カード会員は対象外」なことも多いのです。

 

食の優待が凄いアメックスゴールドカード

アメックスゴールドで凄いのは、食の優待です。

  • ゴールドダイニングby招待日和

コース料理1名分が無料となる特典で、対象の店舗が200以上です。

招待日和のサービスでは実に1万円以上の優待も1食で直ぐ受けられるため、年会費の元の意味でも直ぐ取れてしまうのです。

 

  • Taste from American Express Invites レストラン優待

400以上の飲食施設で20%~の優待です。いくらか控えめに見えてもこの積み重ねはかなり得です。

 

  • ゴールド・ワインクラブ

ワイン各種について相談や質問の上で購入もできます。

 

ゴールド会員、あるいはゴールド以上の会員専用イベントでの食事では、単純にお金やポイントで計算できない時間を獲得できます。

もちろん、「アメリカン・エキスプレス・セレクト」、「アメリカン・エキスプレス・コネクト」などでアメックスカードに共通するベーシックな優待各種も味わえます。

 

旅行保険が充実で安心感が高いアメックスゴールドカード

最大1億円、自動付帯分だけでも最大5,000万円となる海外旅行保険を備えます。

「家族特約」も自動付帯され、やはりレベルの違う安心感です。

国内旅行では最大5,000万円、また航空便の遅延に関しても補償がなされます。

空港での無料手荷物宅配サービスも回数等の制限なく往復で使え、対応荷物サイズでも他のゴールドカード等を上回っています。

ゴールドだけの専用デスクを使えるので旅に関する各種手配や相談でも安心感たっぷりです。

スペックに現れない部分としてアメックスゴールドの知名度は世界的に見てもトップクラスです。

「旅先・出張先のどこででも使える」安心感は他に代えがたいものです。

 

確実に元を取れる優待が多いのがアメックスゴールドカードの特徴

  • ゴルフ優待の「プリファード・ゴルフ」
  • グルメ優待の「ゴールドダイニング招待日和」

など、本来約3万円/年に相当するサービスを無料で使えます。

プライオリティパスにしても本来99ドルのものを家族それぞれが無料発行でき、かつ27ドルのラウンジ利用料が年間2回まで無料です。

手荷物宅配も本来2,000~6,000円にもなるサービスが無料で何度でも使えます。

アメックスゴールドカードの場合は「年会費29,000円+税の元を確実に取る」使い方が十二分に可能です。

「何となくお得にも感じる」といったカードとは違って迫力さえ感じる特典群です。

 

デスクの便利さもアメックスゴールドカードの重要項目

廉価なカードでも色々と優待を備えるものはありますが、それらについて十二分なデスク案内が得られるかというと「会員様専用サイトのリストをご覧頂き…」などマニュアル的対応であることも多いです。

また、そもそも緊急の用件でなければつながりにくいことも。

アメックスゴールドカードのデスクであれば、つながりやすいことはもちろんとして、食事や旅、イベントについて特に急を要さない質問にもしっかりていねいに答えてくれます。

このことも各種特典を引き立て、単純にお金に換算できない快適さを与えています。

 

アメックスゴールドカードのステータス感はお金に換算できない

アメックスゴールドカードの知名度・認知度は他と比較できないほど高いものです。

世界中で信頼されますし、特にカードに詳しくない人でもアメックスゴールドは知っているケースがとても多いです。

仮にですが、似たスペックのカードを作る会社が出てきたとしても、そのカードがどれだけ世界で認識されるかはまた別の話なのです。

ステータス感とは「持っていて満足感がある」などの話にとどまりません。

まさにどこででもスマートに使えて実用性も高レベルです。

特に実際使っているユーザーから、全世界における安心感が高いとする声が絶えないカードです。

また、アメリカン・エキスプレスならではで一律に利用限度額が決まっていませんが(個々の目安は電話でわかります)、これも「スゴイ!」と思わせるだけでなく実際に柔軟性があって便利なのです。

 

更に上位のアメックスプラチナ、時にはセンチュリオンへのステップアップさえも狙えます。

しかし、アメックスのゴールドカードは適度なポピュラーさとステータスを備えた優秀なカードで、より上位のアメックスを持ててもゴールドにこだわるユーザーが常にいます。

 

まとめ:アメックスゴールドカードの年会費は決して高くない

とにかく一般のゴールドカードのワクに収まりきらない、満足度トップクラスのカードがアメックスゴールドです。

活かしてみれば29,000円の年会費も決して高くない、そう判断できるだけのカードです。

吟味するにしてもまずは一回持ってみてからで良いのでは?といえるカードに仕上がっています。