今後が危うい?リクルートカード電子マネーチャージポイントが改悪…

とうとう来てしまったという感じです…

リクルートカードにも電子マネーチャージポイント改悪の波がやって来てしまいました…

2018年4月16日(日)から、リクルートカードの電子マネーチャージポイントは以下のように改悪されました。

  • 電子マネーチャージポイントの付与対象は、チャージ金額30,000円までに変更

上限設定というまさかの改悪です…

今回はこの電子マネーチャージ改悪の詳細や代替案などについて詳しく解説していきます。

 

リクルートカード電子マネーチャージポイント改悪の詳細

今回のリクルートカード電子マネーチャージ改悪について、詳細を以下にまとめます。

  • ポイントの対象となるチャージ金額の上限は30,000円
  • 30,001円以上のチャージ分についてはポイントの対象外
  • 各電子マネーのチャージ金額合計が対象

チャージポイントの対象が30,000円までというのも注意が必要ですが、もう1点注意したいのが各電子マネーへチャージの合計金額が対象であるということ。

つまり、nanacoや他の電子マネーすべてを合わせて月に30,000円までしか、チャージポイントの対象にならないということです。

 合計40,000円チャージする場合の例

  • nanacoチャージ … 20,000円
  • モバイルSuicaチャージ … 20,000円

この場合、チャージ金額の合計が40,000円になるので、30,000円をオーバーした10,000円分についてはポイントの対象外になります。

ちなみに各国際ブランドのチャージポイント対象電子マネーはこちらです。

 チャージポイント対象の電子マネー

  • VISA、MasterCard … nanaco、モバイルSuica、楽天Edy、SMART ICOCA
  • JCB … nanaco、モバイルSuica

これまでリクルートカードで電子マネーチャージを活用していた方にとっては、かなりの痛手ですね…

 

リクルートカード電子マネーチャージの代替案

リクルートカードの電子マネーチャージが改悪したので、それに代わる代替案を考えてみました。

今のところ思い付く代替案は次の2つですね。

  • 2枚目のリクルートカードを発行する
  • 電子マネーチャージ改悪の可能性が低いカードを発行する

これらについて順番に見ていきましょう!

 

【代替案①】2枚目のリクルートカードを発行する

1つ目の代替案が2枚目のリクルートカードを発行するというものです。

リクルートカードでは国際ブランドの違う2枚目のカードを発行することができます。

ただし、国際ブランドの組み合わせは以下のように決まっています。

 リクルートカード2枚持ちの組み合わせパターン

  • JCB + VISA
  • JCB + MasterCard

※VISAとMasterCardは発行会社がともに三菱UFJニコスなので、この2枚の国際ブランドは同時に持てません。

2枚目のリクルートカードでも、電子マネーチャージポイントの対象は3万円までです。

なので1枚目のリクルートカードと合わせることで、6万円までチャージポイントがもらえるということになります。

ちなみにnanacoの場合、1枚のnanacoカードに対して紐付けできるクレジットカードは1枚です。

2枚目のリクルートカードでもnanacoチャージをしたい場合は、2枚目のnanacoカードが必要になります。

 

【代替案②】電子マネーチャージ改悪の可能性が低いカードを作る

2つ目の代替案は電子マネーチャージ改悪の可能性が低いカードを作ることです。

ここでは電子マネーチャージの中でも、特に利用者が多いnanacoに絞ります。

nanacoチャージに絞った場合、改悪の可能性が低いのはセブンカード・プラスですね。

nanacoの大元であるセブン&アイとしても、nanacoを積極的に利用してもらった方が、自社の売り上げアップにもつながります。

こういった背景からセブンカード・プラスでは、今後もnanacoチャージの改悪は起こりにくいと考えられます。

いつか来るかもしれないリクルートカードのさらなる改悪に備えて、サブカードとしてセブンカード・プラスを発行しておくのもありです。

入会特典付きセブンカード・プラス公式

>>さらに詳しいセブンカード・プラスの解説

 

今後のリクルートカード電子マネーチャージポイント改悪の可能性

ついに来てしまったリクルートカードの電子マネーチャージ改悪。

今後の改悪の可能性ですが、その可能性は十分にあります…

そもそもリクルートカードの上位カードであるリクルートカードプラスでは、電子マネーチャージポイントが完全廃止になりました。

さらには他社クレジットカードでも改悪の流れが起きています。

  • 楽天カード(JCB) … 1%のnanacoチャージポイントが0%に改悪
  • Yahoo! JAPANカード(JCB) … 1%のnanacoチャージポイントが0.5%に改悪

無料のクレジットカードにとって、電子マネーチャージポイントを維持するのは大変みたいです…

なので今後リクルートカードの電子マネーチャージポイントが半減、あるいは廃止になる可能性も出てくるかもしれません。

ただ、とりあえず現時点では、上限30,000円という条件が付くものの、1.2%のチャージポイントがリクルートカードでは付きます。

ポイントが付くうちにリクルートカードの電子マネーチャージを使い倒しちゃいましょう!

 

最後に:電子マネーチャージが改悪もリクルートカードは優秀なカード

今回はリクルートカードの電子マネーチャージポイント改悪についてお話ししました。

今回の改悪でチャージポイントの対象金額が上限30,000円となりましたが、とりあえずチャージポイントは半減せずに1.2%のそのままです。

ポイントがもらえるうちは、きっちり電子マネーチャージを利用したいところですね!

また、これからリクルートカードの発行を検討していた方にとっては、今回のお知らせは残念なお知らせかもしれません。

ですが現時点では、リクルートカードの電子マネーチャージは1.2%のポイントが付きますし、通常のカード利用でももちろんポイントは1.2%です。

リクルートカードがお得なカードであることは変わりありません。

私自身、リクルートカードが改悪されたことでカードの利用頻度が減ると思ったんですが、そんなこともなかったです。

今までと変わらずリクルートカードを使っています。

電子マネーチャージが改悪されても、それ以上にリクルートカードの1.2%のポイント還元率が強力だということなんでしょうね!

貯まったリクルートポイントはPontaポイントに交換できて使い勝手もいいです。

貯まったポイントをローソンで使うのが毎月楽しみなんですよね♪

これからリクルートカードを作るなら、ポイントが貯まりすぎるこの感覚に戸惑わないよう注意してくださいね!(笑)

入会特典付きリクルートカード公式サイト